【競争は善?】 「こころ」のメルマガ

前のページ ・・・・・・ 次のページ



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ハート・コンシャス その89
【競争は善?】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

新聞では『景気回復』とか書かれていますが、どうも僕の周囲には『年々暮らしにくくなる』という声が多いような気がします。
まあ、本当に暮らしやすい世の中なら『少子化』になるワケが無いんで、新聞社の判断がエリート寄りなんでしょうね。

確かに日本は、小泉元首相が望んだようにアメリカの考え方に近づいてきました。
もちろん世の中には『競争』も必要な時があります。
ただ、あまりにも競争を意識しすぎると、人は【比較】の虜になりやすいんですね。
そして比較のおかげで、心がおかしくなる人が多いのも確かなんです。

澤木興道師の言葉にこう有ります。

『われわれが子供のころから教わり習うたものは、少しでも自分をエラクみせかけようとするばかりで、それを世の中では教育とこころえておる。
そこで一生何に努力するのか。修羅道に努力し、畜生道に努力し、餓鬼道に努力しておるばかりとなってしまう』

また、こんなことも仰っています。

『人間はいつの間にか「私」が入ってしまう。
「ああ よかった」
何がよかったのかと言えば「私がよかった」というだけの話じゃ』


確かにそうかもしれませんね。

僕は自分のことについて、自信を持ってハイ・テンション!という時も有るのですが、本当に『僕はろくなもんじゃない』と凹む時もあります。
そして、凹んだときって、何かにつけて周囲が羨ましく見えちゃうんですね。
つまらない事を羨ましがるのは馬鹿げた事なのですが、実際に心の奥底で、羨ましく感じてしまうのも事実なんです。

また、他人との比較だけではなく、自分の理想のイメージとの落差に『こんな筈ではない』と悩むのが人間なんですね。
そして、このような時に【恨み】とか【怨み】が湧いてきやすいんです。

そう言えば、ニーチェは【恨み(ルサンチマン)】という事に対して、正面からぶつかっていきました。
でも、勝ち方はわからなかったようです。

天才でもわからないのか、わからないから天才なのか…。


さて、ここからが今回のメインのお話です。

人間なんだから、誰しも暗くなる時もあるし、何もかもが面倒くさくなる時もあると思います。
ただ、もしそんな気分になったとしたら、その原因が【比較】や、【架空の自己イメージとの落差】から来ていないかどうかを点検してみましょう。
『競争は善!』なんていう単純な言葉に惑わされて、余計な悩みを抱える事だけはやめましょう。

惑わされて辛い気持ちになるというのは、『心』に化粧品と偽った毒を塗られているようなものですから。




    Copyright(c)2006 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はベルコスモ・カウンセリングの鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。


♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で『心理カウンセラー講座』を開いています。
月1回の土曜集中講座(12回完結)もありますよ!

詳しくはコチラ→ http://bellcosmo.net/kouza.html

カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


======================================================= 合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは、 ☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。



 

お問い合わせはコチラへ!



ページトップに戻る