【「楽をする」・「楽しむ」】 「こころ」のメルマガ

前のページ ・・・・・・ 次のページ



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ハート・コンシャス その107
【「楽をする」・「楽しむ」】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

先日知り合いに頼まれて、ある仏教関係の本を雑然とした本棚から探していたのですが、その時にかの有名なニーチェの『ツァラトゥストラはこう言った』が出てきたので、久しぶりに読んだんですね。

…う~ん、未だによくわからん。

40年くらい前に買った時は、何かこういう難しい本を読むと偉いみたいな感じが有って、ファッションのような感じで読んだのでしょうね、きっと…。
そんな僕だから、当時これを読んだ感想なんて、まったく覚えていません。

しかし、わからないくせになぜ一応読み終えたのだろう?と、ふと疑問を感じ、当時を思い起こしていたら、はたと気が付きました。
「そうだ! 『吾輩は猫である』に書いてあったから、気になって読んだんだ。
  確か、『超人なんて考え方は、ニーチェがにっちもさっちもいかなくなったから、超人、出て来~い!みたいな感じで創ったようなもんだ』って書いてあったんじゃなかったっけ?」

そこで今度は、正確にはどうやって書いてあったのか気になり、『吾輩は猫である』を引っ張り出して調べたんです。

有りました。
締めの部分でした。

ちょっと引用しますね。
哲学者、八木独仙の台詞です。
(なお、『超人』については注1を参照)

-------------「吾輩は猫である」夏目漱石著より引用

「人間に個性の自由を許せば許すほどお互いの間が窮屈になるに相違ないよ。
ニーチェが超人なんかかつぎ出すのも、まったくこの窮屈のやり所がなくなってしかたなしにあんな哲学に変形したものだね。
ちょっと見るとあれがあの男の理想のように見えるが、ありゃ理想じゃない。
不平さ。
個性の発展した十九世紀にすくんで、隣の人には心おきなくめったに寝返りもうてないから、大将少しやけになってあんな乱暴を書き散らかしたのだね。
あれを読むと壮快というよりもむしろ気の毒になる。
あの声は勇猛精進の声じゃない、どうしても怨恨痛憤の音だ。
それもそのはずさ 昔は一人えらい人があれば天下翕然としてその旗下に集まるのだから、愉快なものさ。

(中略)

ニーチェの時代はそうはゆかないよ。
英雄なんか一人も出やしない。
出たってだれも英雄と立てやしない。
昔は孔子がたった一人だったから孔子も幅をきかしたのだが、今は孔子が幾人もいる。
ことによると天下がことごとく孔子かもしれない。
だからおれは孔子だよといばっても圧し(おし)がきかない。
きかないから不平だ。
不平だから超人などを書物の上だけで振り回すのさ。
吾人は自由を欲して自由を得た。
自由を得た結果不自由を感じて困っている。

------------

この文の最後のところ、「自由を得た結果不自由を感じて困っている」というのには、改めてハッとさせられました。

他にもいろいろな言い方が考えられますよね。
例えばネットや携帯についてだと
・携帯が有るから、メールが来ない寂しさがわかる
・ネットを通して友人ができる事がわかったから、それでも友人が出来ない という事実を知る
・情報が発達したから、自身を他と比較することが増える

ストローク(人と人との刺激)を求めてネットを見たり、書き込んだりしてはゲーム(注2)に巻き込まれ、かえって傷ついて人間不信になってしまう人が如何に多いことか・・・。


ところで、この引用文の前の部分にも、とても考えさせられる文が有ります。
それについては次号書きますね。


* ‥ * ‥ *

注1 超人

ニーチェは『ツァラトゥストラはかく語りき』において、人間関係の軋轢におびえ、受動的に他者と画一的な行動をする現代の一般大衆を『畜群』と罵った。
その上で、人々は自らの確立した意思でもって行動する『超人』であるべきであると説いた。
出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』  

注2 ゲーム(交流分析用語)

ストローク不足の人が、ストロークを欲しい為に人間関係の中で同じパターンを繰り返し、仲間をみんな不愉快にさせてしまう行動様式。




    Copyright(c)2006 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はベルコスモ・カウンセリングの鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。


♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で『心理カウンセラー講座』を開いています。
月1回の土曜集中講座(12回完結)もありますよ!

詳しくはコチラ→ http://bellcosmo.net/kouza.html

カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


======================================================= 合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは、 ☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。



 

お問い合わせはコチラへ!



ページトップに戻る