【硬直した枠組み】 「こころ」のメルマガ

前のページ ・・・・・・ 次のページ



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ハート・コンシャス その136
【硬直した枠組み】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

カウンセリングを受けに来る人の中に多い枠組みの一つに、【嘘をついてはいけない】というのがあります。

さて、これについてちょっと考えてみましょう。

お釈迦様は疲れ果てて進めなくなった旅人にオアシスの幻視を見せて気力を与えて救ったたり、火事になった家の中にいる子ども達に、白い象が通ると嘘をつき、その家から外に出させて子ども達を家事から救ったという話があります。
そしてこれらが、「嘘も方便」という言葉となったそうですね。

でもこれって、我々みたいな凡人ならいざ知らず、釈迦のような聖人ならいくら人を助ける為とは云え、嘘をつくべきではないとも考えられますが…。


ところで、人は何故、嘘をつくのでしょうか。

いろいろなケースが有るとは思いますが、その中で大きな要素として『得をしたい』というのが有ります。 この場合、逆に嘘をつかれる人というのは、『損をする』場合がありますね。

だから、【嘘はいけない】というルールができたんです。

お釈迦様の嘘は、人に得をさせる嘘です。
そこで、整合性を持たせる為、これを『方便』と呼んだのでしょう。

というとは、嘘が良いか悪いかは、嘘をつかれた人が損をするか得をするかによって決まってしまう、ということになりますね。
こうやって考えると、良い・悪いとか、正しい・悪いとかって、なんだかいい加減だなぁという気もしますが…。
さて、悩みやすい人というのは、このあたりの事をそれこそガチガチの枠組みで考えてしまう人なんですね。
『全てのことにおいて、嘘をつくべきではない』という感じで。

似たような話ですが、『悪口はいうべきではない』という枠組みについても考えてみると面白いかもしれません。
電車の中吊り広告に載っている週刊誌の内容って、大半が『批判』、早い話が『悪口』なんじゃないですか。
それがよく売れているっていうことは、人って【悪口が好き】なんですよね。
週刊誌って、それを替わりに言ってくれているんです。

思わず悪口を言ってしまって、すごく自分を責める人がいます。
でも、よくよく考えると、人って元々悪口が好きなのであって、問題は悪口を『口に出してしまったこと』なんですよね。
だから、『自分は最低な人間だ』と責めるより、『人間は悪口が好きな生き物なんだけど、社会として考えるとそれを口に出すと損をするから、口に出さないにこしたことはない』と考える方が現実的なんです。

なんかミもフタもない話になっちゃいましたが、悩みやすい人の心の枠組みの一つが、これでなんとなく理解できます。
『理想が高い』のは結構なんですが、その理想がちょっと現実とはずれて、しかも硬直しているんですね。
これに気づいて、柔軟な枠組みに変化していくと、人生をもう少し面白くできるのですが…。





    Copyright(c)2006 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はベルコスモ・カウンセリングの鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。


♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で『心理カウンセラー講座』を開いています。
月1回の土曜集中講座(12回完結)もありますよ!

詳しくはコチラ→ http://bellcosmo.net/kouza.html

カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


======================================================= 合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは、 ☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。



 

お問い合わせはコチラへ!



ページトップに戻る