【こうありたい自分】 「こころ」のメルマガ

前のページ ・・・・・・ 次のページ



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ハート・コンシャス その151
【こうありたい自分】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

カウンセリングに来られる方に、僕はよく『こうあるべき自分』というのと、『こうありたい自分』というのを考えてもらいます。

こうあるべき自分というのは、所謂『超自我(フロイト)』ですね。

ここが、自分でできる範囲を超えていたり、かなり無理のある考えの枠組みとして持っていると、現実とのギャップで無理をしやすくなったり頑張り過ぎたりしてしまいます。
これが『うつ』となる場合が多いんですね。
そして現在脚光を浴びている認知療法というのは、ここにツッコミをいれていくわけです。
例えば『人に嫌われるべきではない』という枠組みを持っている人に対しては、「全ての人に嫌われないなんて、無理ですもんね」とか言って、気付いてもらったりします。

さて、それはそれで結構なんですが、実はもう一つの問いも人生において、とっても大事なんですよね。

【こうありたい自分】

これが、親から受け継いだ『こうあるべき自分という枠組み』とか『世間様の目』とかが邪魔して、自在に伸び伸びと考えられない状態に陥っている人って、本当に多いんですよ。
例えば、『東大に入りたい』と思って一生懸命勉強している人がいたとしますね。

これは、たぶん親も『頑張れ』って言ってくれるだろうし、世間様から見ても【良い行動】だと思います。
しかし、彼がなぜ東大に入りたいかというと、実は『周囲から上に見られたい』とか、『自慢したい』とかいうのが、きれいごとやタテマエを取っ払ったあとに残る動機だとしますね。

世間様は、そういう動機に対してはたぶん非難するでしょう。

でも、本当は別にそんな動機でもいいんですよ。
だって人間なんてそんなもんですから。

ところが、本人は『世間様の目』が気になるから、『周囲から上に見られたい』とか、『自慢したい』という動機は、認めていないことになります。
あくまで、みんなにほめられる行動として勉強を頑張って、東大を狙うわけですね。

さて、結局彼は残念ながら東大どころか、世間の言うところの三流大学にしかはいれなかったとします。


…あ~あ。

普通はこれで、彼の夢は潰えたということになっちゃうんですね。


違うんですよ。

夢の本当のところは、『周囲から上に見られたい』とか、『自慢したい』なんですから。
人生をあきらめる必要もないし、【 I am not OK 】 になる必要もないんです。

東大以外の方法で、『周囲から上に見られ』『自慢できる』ようになればいいんです。
何でもいいんですよ、好きな方法で。

ただし、人に迷惑さえかけなければね。

世間様の目や、きれいごとや、タテマエはちょっとこっちに置いといて、『こうありたい自分』をしっかりと理解し、大切にしなきゃダメだと僕は思うんですよね。






    Copyright(c)2006 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はベルコスモ・カウンセリングの鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。


♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で『心理カウンセラー講座』を開いています。
月1回の土曜集中講座(12回完結)もありますよ!

詳しくはコチラ→ http://bellcosmo.net/kouza.html

カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


======================================================= 合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは、 ☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。



 

お問い合わせはコチラへ!



ページトップに戻る