【なすべき事】 「こころ」のメルマガ

前のページ ・・・・・・ 次のページ



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ハート・コンシャス その161
【なすべき事】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

今回は、抑圧と投影についてのお話です。

昨日たまたま旧友と出会って、今度ゆっくりと飲みに行こうかという話になったんですね。
そして、さてどこに行くかを相談しているうちに、飲み屋さんについてちょっと考えてしまうような話の流れとなりました。

友人は、居酒屋で今流行りの『店員が大きな声で挨拶する』のが、あまり好きじゃないらしいんです。
なんか抵抗を感じるそうなんですね。

そう言われると僕も気になる時がよくあります。
でも…。

実は僕は一昨日、仕事の打ち合わせである居酒屋に行ってきたんですね。
そしたらそこのスタッフの女性がとっても気持ちのいいサービスをしてくれて、すごく感心してしまいました。
てきぱきと動き、気配りもよくできて、お店のオーナーの身内かと思ったくらいです。
(聞いてみたら、「ただの学生アルバイトです」と照れ笑いしていましたが。)

さて、僕が考えてしまったのは、そのスタッフは大きな声なんですが、全然抵抗は感じなかったということです。
つまり、『店員が大きな声で挨拶する』ことに対して、『抵抗を感じる時』と、『抵抗がない時(気持ちが良い時)』があるんですね。

心理に関する仕事をしていると、こういう時にサラッと流してしまわず、ついつい考え込んでしまうのが我ながらめんどくさいとは思うのですが、ちょっと理由を考えました。
そして、旧友とのその時の会話を思い出していたら、なんとなくわかったんです。

「スタッフが大きな声で挨拶する店って、なんか軍国主義って感じがするんだよな。よく言えば体育会系なんだけど」

「あ、それは言えるかもしれないな。そういう店って『親に感謝しよう』とか道徳めいたことを書いてあるところも結構あるもんな。なんか偽善っぽい気がして抵抗があるのかな~」

「でも、居酒屋とかラーメン屋で売上げを伸ばしている会社は、確かにスタッフにそういう対応を強制的に教育をしているところが多いんだぜ」
「そうか~。それでああやってヤケに元気よく大きな声を出す店が増えているのか~」


たぶん、彼も僕も、『大きな声の挨拶』が嫌なのではなく、無意識のうちにどこか【偽善】とか【強制】を感じた時に、抵抗感が生まれるのかもしれませんね。
前述の、気持ちのいいサービスをしてくれた一昨日の居酒屋の女性スタッフは、たぶん『心からの挨拶』だったので、同じ大きな声でも僕には『心地良く』聞こえたのでしょう。

そう言えば、昔ある中古図書のチェーン店で、スタッフが本棚に向かって、「いらっしゃいませぇ~っ! こんにちわぁ~っ!」と怒鳴っているのを見て、とっても嫌な気持ちになったことがあります。
そういう僕のような人が多かったのか、今はそのチェーン店ではそういうヤケクソな挨拶はしなくなりましたが…。

もちろん、お店のオーナーやスタッフは、それを【偽善】なんてとんでもないと思っているでしょうし、またそういう元気のよい挨拶が好きなお客さんも沢山いるでしょう。
それはそれでいいんです。
ここで言いたいのは、別にそういうことではありません。

ただ、僕やその友人が【偽善】とか【強制】いうことに、なぜか強く反応しているということは、ひょっとしたら我々は、それらに何かの複雑な思いがあり、それを【抑圧】しているのではないかということに気付いたんです。
そして、それがそういう居酒屋やラーメン店のスタッフに、【投影】されている可能性があるんですね。

さて、あまり深く考えて書き出すと、たぶん膨大な量になってしまうので、簡単にまとめちゃいますが、我々は何か非常に心に大きなモノを抑圧していることがあるんですね。
それ(その出来事)は、子どもの頃はそれを上手に噛み砕くことができず、心の奥底にしまいこんで、蓋をして見えなくしてしまっている場合があるんです。

それらは、確かに表面上は見えはしません。
でもどこかで心に働きかけ、時には我々に過剰反応をおこさせます。

例えば、誰かに何かを気軽に言ったら、相手がすごく怒っちゃったっていうこと、ありますよね。
「そんなにたいした事じゃないのに、どうしてそんなに怒るんだろう?」って…。
そういう場合は、相手が抑圧している何かに触れちゃったのかもしれません。
だけど本当は、そういう抑圧しちゃったモノは、出来ることなら引っ張り出して、噛み砕いちゃったほうがいいんですね。

それに気付くチャンスが、この【投影】です。

【投影】を気付くことにより、その【抑圧】されたモノを知る(これを『投影の引き戻し』と言います)。
これにより、心は『一皮向けた』感じになり、また一つ『自分に素直になれる』わけです。

僕もこの機会に『偽善』や『強制』ということについて、ちょっと自分の心を探ってみたいと思いました。






    Copyright(c)2006 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はベルコスモ・カウンセリングの鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。


♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で『心理カウンセラー講座』を開いています。
月1回の土曜集中講座(12回完結)もありますよ!

詳しくはコチラ→ http://bellcosmo.net/kouza.html

カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


======================================================= 合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは、 ☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。



 

お問い合わせはコチラへ!



ページトップに戻る