【分けて考える】 「こころ」のメルマガ

前のページ ・・・・・・ 次のページ



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ハート・コンシャス その166
【分けて考える】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

『泣きっ面に蜂』という言葉がありますよね。
カウンセリングに来られるクライアントの中には、この言葉がぴったり当てはまる方が少なくありません。
辛い出来事が連続していろいろと続いたりする時は、もう何が何だかわからなくなっちゃうんですね。
そして、ともかく『こんなふうになってしまったのは、自分が悪いから』という自責思考に陥ってしまう人もいます。

そんな人には、チャンクダウンというのですが、とにかくまずは出来事や問題を一緒に分解して整理していくことから始めます。
その際の手法について例を挙げますね。

要は、どうやって分けるかということなのですが、その基準として僕がよく使うものの一つに、
・考えたり行動したら、なんとかなること
・考えたり行動したりしても、なんともならないこと
というのがあります。

悩みや辛いことを書き出してもらって、例えばノートを開いて右側に『なんとかなること』、左側に『なんともならないこと』と分けていくんですね。
例えば、愛していた人が自分から去っていったとします。
これって実は『なんともならない』場合が多いんですよ。
人の心に柵を作って、その中に閉じ込めてしまうなんて無理なんですね。

ところが、それで落ち込んでしまい仕事で大きなミスをしてしまったとします。
これは『いろいろと考えたら、なんとかなる』可能性が高いんですね。

そして、あれやこれやで眠れなくなったり欝になったとします。
これも、薬をもらったり休養を取ったり、カウンセリングを受けたりして『なんとかなる』場合が多いんです。

『泣きっ面に蜂』と言っても、蜂にさされたところは対処できたりするというワケですね。
他にも『分ける基準』としては、【『好き・嫌い』と『損・得』】とかいろいろとあります。

まずは【分けて考える】ことが大事なんですね。
そして、分けて考えているうちに、意外と段々と元気が出てくるものなんです。

辛い出来事が連続していろいろと続いたりして、気力が無くなってしまった時は、是非お試しを。






    Copyright(c)2006 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はベルコスモ・カウンセリングの鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。


♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で『心理カウンセラー講座』を開いています。
月1回の土曜集中講座(12回完結)もありますよ!

詳しくはコチラ→ http://bellcosmo.net/kouza.html

カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


======================================================= 合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは、 ☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。



 

お問い合わせはコチラへ!



ページトップに戻る