【リソースとして考えられない人】 「こころ」のメルマガ

前のページ ・・・・・・ 次のページ



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ハート・コンシャス その171
【リソースとして考えられない人】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

これからしばらくの間は、心が不安定になりやすい季節です。
ぐっすり眠れなかったり、メニエル病みたいに目眩がしたりする人も多いですので、気をつけてくださいね。

さて、僕のところに相談に来られる方で、こんなことを言われるケースがあります。
『こんな話は、心配をかけてしまってはいけないので親や友人にも相談できなくって…』

う~~ん、【悩みを相談できない家族や友人】って、どうなんでしょうね?
もう、そこの時点で大きな問題だと思いますが…。

だって、とっても辛いことや、決断しなくてはいけない事などを、誰にも言えない環境である、という事でしょ?

よく、『依存はいけない』ということが言われますよね。
確かに、まずいなぁっていう依存をしている人もちょくちょく見かけます。
ただ逆に、とにかく『頼ってはいけない』と一人で抱え込んで悩み、しかもどんどん事態が悪化していく人も多いんですよね。

確かに、『頼らないにこしたことはない』かもしれません。
また、『自分でできることは自分でする』というのは、結構なことだと思います。
でも、極端なことを言うと、『自分でできることでも人に頼ってもいい』場合だって、いくらでも有ると思うんです。
それに、『頼られてうれしい』と思う人だって、中にはいますしね。

【依存が問題】なのではなく、【一人では全然立てないのが問題】なんです。
それに、【頼る】のがまずいのではなく、【頼って人に迷惑をかける】のがまずいんです。
その迷惑だって、生きている間は絶対にかけてはいけないなんていうと、人間やっていられないのじゃないかなって思いますしね。

また、後でしっかりと『お返し』をすればいい場合だって、結構あるんじゃないでしょうか。

さて認知療法を用いたカウンセリングの時に使う言葉で、リソースというのがあります。
自分に役立つ『資源』という意味ですね。

友人とか家族をリソースとして考えられないというのは、大変キツいことではないでしょうか。
また、心配をかけてしまってはいけないので人に悩みを相談できない、と言っている人が『リソース』を活かすっていうのは、ちょっと無理がありますし…。

『頼るべきではない』という『ごもっとも』なルールって、知らないうちにその人を追い込んでしまうことがあるんです。
だから、自分のリソースについてじっくりと考えてみるというのは、とっても大事なことなんですね。






    Copyright(c)2006 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はベルコスモ・カウンセリングの鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。


♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で『心理カウンセラー講座』を開いています。
月1回の土曜集中講座(12回完結)もありますよ!

詳しくはコチラ→ http://bellcosmo.net/kouza.html

カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


======================================================= 合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは、 ☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。



 

お問い合わせはコチラへ!



ページトップに戻る