【時間をプレゼント】 「こころ」のメルマガ

前のページ ・・・・・・ 次のページ



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ハート・コンシャス その173
【時間をプレゼント】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

デパートなどの広告では、プレゼントに関する広告をよく見かけますよね。
それら、広告のいろいろなモノを見ていてふと思ったのですが、【時間】をプレゼントするというのはどうでしょう?

ちょっと前になりますが、ミヒャエル・エンデの『モモ』という小説がとっても話題になりましたよね。
人々が灰色の男に時間を盗まれて、どんどん心がキツくなっていく、という話です。

我々も知らない間にどんどんと『自分の時間』を盗まれているのではないでしょうか。

携帯が鳴ったらすぐに出なくちゃいけない(出ないと「なんの為の携帯だ!」と怒られちゃう)。
メールが入ったら返事をしなくちゃいけない。
フェイスブックに「いいね!」マークが出たら、相手のページにお返しをしなくちゃいけない。
そして、そういう事が続くうちに、『何もしない自分の時間を持つ』ことが耐えられなくなって、電車の中だろうが歩きながらだろうがスマホでネットを見たり、音楽を聴いたり、携帯で喋ったりしていないと落ち着かない…。

国を上げて(労働生産性などの)効率UPにひた走っているこの頃ですが、『効率』という言葉が頭の中から消えないっていうのは、そんなに良いことなのでしょうか?

だから、例えば夫が妻に、とか親が子どもに自分の時間を(例えば『1週間』とか)プレゼントする、なんてことがあってもいいんじゃないかなって思うんですよね。

『モノについては豊か』な日本ですが、『時間』についても『豊か』ということを考えたいですね。
効率という強迫観念に心が占領されてしまう前に…。






    Copyright(c)2006 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はベルコスモ・カウンセリングの鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。


♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で『心理カウンセラー講座』を開いています。
月1回の土曜集中講座(12回完結)もありますよ!

詳しくはコチラ→ http://bellcosmo.net/kouza.html

カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


======================================================= 合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは、 ☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。



 

お問い合わせはコチラへ!



ページトップに戻る