【褒め言葉】 「こころ」のメルマガ

前のページ ・・・・・・ 次のページ



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ハート・コンシャス その175
【褒め言葉】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

このところ、カウンセラー養成講座で『ほめる事』について何度か話しています。

カウンセリングではこれをコンプリメントと言って、大変重要としているのですが、これが意外と難しいんですね。
まず第一の問題として、実はカウンセリングに来る人は、【ほめられたことがあまり無い環境で育った人】が多いんです。
そしてそういう人は、ほめられるのが慣れていない為、ヘタにほめると返ってお世辞を言われているのではないかと不信感を持つ事もあるんですね。

これは僕もなんとなく気持ちがわかります。
コーチングのセミナーとかで、講師が凄く褒める人ってケースがよくあるんですよね。
誰かが何かを発言する度に、「おぉ~っ!素晴らしい!」とか、すぐに拍手をしてみんなに拍手を促したりして。

もちろん、顔を綻ばせてこれを喜ぶ人もいますし、そういう人にはこれは大変結構なことです。
でも、僕みたいなひねくれた?人間は、そういう事をされると逆になんか嫌になっちゃう…。
『わざとらしい』とか、『表面だけ』とか、『きれいごと』に感じちゃうケースって、よくあるんですよ。
もうちょっと素直に喜べばいいんでしょうけど。

また、その人その人の枠組みによって、ほめ言葉を受けた時の感覚は違ってきます。
例えば、「君は自分では気付いていないだろうけど、君って素晴らしいんだよ」というほめられ方と、「みんなが知ってることだけど、君って素晴らしいよね」というほめられ方、どちらがうれしいですか?

他にも、「君の将来に期待してるよ」というのと、「いまのままの君で十分だよ」という2つのほめられ方、これはいかがですか?


さて、アドラーという人は、『ほめるというのは縦の関係(上から目線)になってしまうので、横の関係で勇気付けよう』と言っています。
ほめればいいってもんじゃないぞ、という事でしょうね。

仏教の言葉に【愛語】というのがあります。
これはよく『やさしい言葉』と言われていますが、僕はこれは『相手の心が喜ぶ言葉』だと考えています。

なかなか出来ないことですが、どうせほめるのなら、相手の心が喜ぶ言葉を言いたいですね。






    Copyright(c)2006 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はベルコスモ・カウンセリングの鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。


♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で『心理カウンセラー講座』を開いています。
月1回の土曜集中講座(12回完結)もありますよ!

詳しくはコチラ→ http://bellcosmo.net/kouza.html

カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


======================================================= 合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは、 ☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。



 

お問い合わせはコチラへ!



ページトップに戻る