【広い視野と柔軟な思考】 「こころ」のメルマガ

前のページ ・・・・・・ 次のページ



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
ハート・コンシャス その185
【広い視野と柔軟な思考】

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

僕が講師を務めている心理カウンセラー講座の参加者の方々の研究発表会があったのですが、皆さん、なかなか深い内容でほんとに感心してしまいました。

コミュニケーションにおいて、子育てにおいて、また鬱や不安に対して、心理学は本当に役に立ちます。
発表の中には「まず、自分にとってすごく役に立った」という報告もありましたが、まさにその通りだと改めて思った次第です。

さて、精神科医の頼藤和寛先生は、悩みを次のように分類されています。
(「ちょっと”ひと息ついてみたら?”」PHP:研究所より引用)

1 このままの努力を増強すると解決するもの
2 やり方を変えて違うアプローチにすると解決しやすいもの
3 なにもしないことが解決の早道であるようなもの
4 数年後に自然解決するもの
5 なにをしてもしなくても、またいくら待っても解決不能なもの


そして頼藤先生は、「たいていの悩みは、2から5までのことが多いのだが、本人はどうしても1であるかに思い込んでいる場合が圧倒的である」と書いておられます。

そうなんですよね~。
そこがポイントです。
我々はついつい≪このままの努力を増強すると解決する≫と思い込んでしまうんです。
2から5までは、本人は『見えない』場合が結構多いんじゃないでしょうか。

あと、悩みとしては『選択』という問題がありますよね。
どちらを選べばいいのか。
どちらに決断すべきか。

実はこれも、『どっちでもいい』場合が多いんです。
というか『どっちでもいい』から悩むんですね。
どっちかにしなくてはいけない場合は、とっくにそちらにしていますから。

「どっちでもいい。だって、【未来はわからない】から」と言ってさっさと決断できるようになると、悩みは随分減るのでしょうけど…(なかなかそうはいきませんよね)。

しかしこうやって考えると、カウンセラーというのは、もちろん『共感』や『受容』も大事ですが、『広い視野』や『柔軟な思考』が大事だとつくづく感じますね。






    Copyright(c)2006 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はベルコスモ・カウンセリングの鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。


♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で『心理カウンセラー講座』を開いています。
月1回の土曜集中講座(12回完結)もありますよ!

詳しくはコチラ→ http://bellcosmo.net/kouza.html

カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


======================================================= 合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは、 ☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。



 

お問い合わせはコチラへ!



ページトップに戻る