人間(来談者)中心療法 心理カウンセリング

日本のカウンセラーの大半が学び、そして実践しているカウンセリング法の『来談者中心療法(後の人間中心療法)』の創始者、ロジャーズは、カウンセラーにとって次の3つの基本的態度がもっとも重要であると考えました。

1.無条件の積極的関心
2.共感的理解
3.純粋あるいは自己一致

これらについて、簡単に説明しましょう。
まずは【無条件の積極的関心】です。
例えば貴方が誰かに関心を持つとき、そこには何か理由が有るのではないでしょうか。
『おもしろそうな人だな』とか『変わった格好している人だな』とか…。

得意満面で走ってくる子供を見ると、『良い事があったのかな?』と思いますし、地図を見ながらうろうろしている人を見ると、道がわからなくて困っているのかな』と考えます。

つまり、我々は『~~である場合』とか『~~だから』という【条件が有る】ときに関心を持つのです。

では、【条件無しに】関心を持つということは、どういう事なのでしょう。
実は、これを上手く説明している本は、あまりお目にかかったことがありません。
だからカウンセラーの養成講座を開いている専門学校などでも、軽く流しているところが多いようです。ちょっとおかしな話なのですが…。

さて、この『無条件』について、よく例えに使われるのが『あるがままに』という言葉です。
例えば、リンゴを見る時、「美味しそうだな~。」とか「高価なのかな」とか「どういう種類なのかな」とか思わずに、【ただ】リンゴを見るということなのでしょう。
とっても難しそうですね…。

しかし、中には大胆な解釈をされる方もいます。
例えば、國分康孝氏は「人間に関心を持つときは、(人を研究する)人類学者のような心持ちで…」と言っておられます。

これはとってもわかりやすい例えですね。
『あるがままに人に関心を持つ』なんて言われても、一生かかっても出来ないかも…と思ってしまいがちですが、人類学者のような見方と言われると、少しはできそうな気がしますから。

価値観の違う人のことを「あるがまま理解しろ!」と言われても、なかなかできることでは有りませんが、「人類学者の気持ちになって理解しろ!」と言われたら、少しはロジャーズの言うポジションに近づけそうですよね。

次は、共感的理解についてです。共感的理解とは、相手の感じ方で、相手の感じた度合いを理解する、という事です。
カウンセラーにとって、相手の気持ちを『理解』するのも大変なのですが、もう一つ大変なのは、その理解した事柄はカウンセラーの心の中で【片付いて】いないといけないのです。

ちょっとややこしいですね。例を挙げましょう。
『愛猫が死んだ悲しみ』で考えてみてください。

例えば、カウンセラーが、クライアントの『愛猫が死んだ悲しみ』を理解できたとします。
でも、そこでカウンセラーがクライアントと一緒にオロオロして泣き出していてはいけない…という事なのです。

つまり、カウンセラーは、クライアントの『悲しみ』を理解するだけではなく、その『悲しみ』はカウンセラーの心の中で【片付いて】いないとダメなのです。
だって、カウンセラーがオロオロしていたら、クライアントは理解してもらって嬉しいかもしれませんが、【安心】はできないでしょ?

3つ目は、純粋あるいは自己一致です。
これは、簡単に言うと、カウンセラーは自分の気持ちに嘘をついてはいけない、ということです。
これも、よく『あるがまま』という言葉で表されます。
でも、何度も言いますが、この『あるがまま』って、本当に難しいことなんですね。

例えば、クライアントがカウンセラーに「貴方は人の心なんか全くわからない鈍感で頭の悪い人間だ! 詐欺師の方がずっと心がわかるしマトモだ!」と言ったとします。
さて、このカウンセラーは、いったいどのように『あるがまま』で答えたらいいでしょう?
こんな時、カウンセラーは相手の気持ちが『わかる』でしょうか?

これらを考えると、カウンセラーに要求されるレベルというのは非常に高いということがわかります。
ところが、人はカウンセラーでもない周囲の普通の人に、よく、こう言うんです。「僕の気持ちくらい、わかるだろ?」 って…。

難しいですよね。

でもこのロジャーズの原則を完璧に出来なくても、それはそれでしょうがないと思います。
ただ大事なのは、クライアントの気持ちを『一生懸命わかろう!』と思う心を持つことです。
これが有ればOKです。

さて、ロジャーズの唱えた来談者中心療法では、なんと言っても『聴き方』が重要なポイントとなります。
人と人との「思い」の伝達手段としては、
1 耳や口(音声)によるもの、つまり「話す」と「聞く」
2 目や手によるもの、「書く」と「読む」
が主なものとなります。

この中では、書くということが一番難しそうに思えますが、本当に一番難しいのは、実は『聞く』ということなんですね。
その理由として、『聞く』ことというのは自分の思うとおりにはできない、という事が挙げられます。

『書く』も『読む』も『話す』も、内容・時・場所を自分で選択する自由度が、『聞く』ということに比べて格段に高い行為です。
早い話が、『したい時にできる』んですね。
それに引き換え『聞く』という行為は自由度はかなり制限されます。

話し掛けられたらしょうがないから聞く時も多いですし、聞きたくない内容を聞かせられる事なんてしょっちゅうです。
つまり『書く』『読む』『話す』に比べると、『聞く』というのは、聞きたくない時や聞きたくない内容や聞きたくない場所で『聞かなくてはならない』ケースが多いのです。

だから、上手に聞くという事は自分の心をコントロールできる人でないとうまくできません。

このことは『書く』『読む』『話す』についてのノウハウ本は沢山出ているのに、【聞く技術】の本はあまり見かけない(最近は増えてきましたが)、ということにも表れています。
つまり、『聞く』ということは、小手先のノウハウや技術ではとても対応できない、ハイレベルな心やスキルが必要な大変な行為という事なんですね。

よく、口喧嘩したときなどに、「お互い言い出せばきりが無いから」って言葉をつかいます。
これは裏返して言うと、聞きたくない…という意味でしょう。
だから、『言うのをお互い自粛しようね』ということになるわけです。

だから、ロジャーズの言うところの【傾聴】というのは、とても難しいんですね。
『ただ、ひたすら聴く』んです。
しかも、相手の、その言葉が出てくる元となるところの『気持ち』の理解が必要です。

では、どのように聞けばいいのでしょうか。

まずは何といっても相手の【感情】に焦点を当てるのが大事です。
例えば相手が
「昨日、仕事の帰りに堤防沿いの道路を車で走っていたら、夕陽が川面に写っていて、思わず車を止めちゃった」
と言ったとしますね。

この場合、『思わず車を止めた』相手の感情に焦点を当てます。
だから、相槌を打つなら、『へえ~、感動しちゃったんだ』とか『わぁ~、奇麗だったんだねぇ』となります。
(そういう気持ちを込めて、「そうかぁ」でも構いません。実はカウンセリングの際はこういう場合のほうが多いと思います。)

カウンセラーは『相槌』を打つのが大事と言われます。そして相手の言葉を繰り返す『オーム返し』をしなさい、と言われますが、なかなか上手く出来ないという人が多いのは、【相手の感情】に焦点を当てていないからです。
この例で言うと
「道路を車で走っていたら、思わず車を止めちゃったんですね」
というオーム返しがそうですね。

なんの為に相槌を打つのか、何のために繰り返すのか…。
【クライアントに、このカウンセラーは自分の気持ちを理解してくれている、と感じてもらう為 】です。
その目的をしっかり理解せずにオーム返しをしても、返って鬱陶しがられるだけです。
何といっても【理解】と【共感】が大事なのです。

ロジャーズが言いたかったのは、小手先の技術ではなく、相手の思いに自分を運ぶことだったのではないでしょうか。


            Copyright(c)2013 NPO日本次世代育成支援協会

 


ページトップに戻る