就活支援

写真 合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは、就職活動を応援しています!

『やりたい仕事がない』
『自分に自信がない』
『就職試験に落ちてしまう』
と悩んでいる人の為に、当協会は様々な研究を行っております。
特に、人間関係の心理学の普及や、自己表現訓練(アサーション・トレーニング)には力を入れており、また研究者や心理カウンセラーによる就職活動においての知的バックアップ体制を年々進化させています。


就活コンサルティング


写真
ご存知ですか?

2011年に経団連が上場企業に実施したアンケート調査です。

【問】求人の際、新卒に何を求めますか?(複数回答)

1位 コミュニケーション能力 80.2%
2位 主体性 62.1%
3位 協調性 55.0%

またプレジデント社の調査では『職場で求められるものは何ですか?』という問いに対し、1位はやはり【コミュニケーション能力(28.2% 単数回答)】でした。
ちなみに最下位は【語学力(8.5%)】でした。ちょっと意外ですね。

語学の講座やマナーの講座も結構ですが、しっかりとコミュニケーション能力を身につけないと入社は難しいですし、入社した後も大変だということですね。


合同会社ベルコスモ・カウンセリングでは大学生からも就職の相談を受けることが多いのですが、どんな職種を選ぶかという相談も結構多いんですね。
その際、例えばオックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授の予測の話を、参考にするようアドバイスしたりすることがあります。

オズボーン准教授の論文『雇用の未来』では、従来言われていた単純作業とか、誰にでも出来る仕事だけではなく、簡単ではないと思われている仕事もAIが進化するとコンピューターに取って代わられると予測しているんですね。

例えば、これらは一部ですが
・銀行の融資担当者
・金融機関のクレジットアナリスト
・不動産ブローカー
・保険の審査担当者
・税務申告書代行者
・薄記、会計、監査の事務員
・給与・福利厚生担当者
・弁護士助手
・苦情の処理・調査担当者
・測量技術者、地図作成技術者
・義歯制作技術者
・動物のブリーダー
・ネイリスト
・ホテルの受付係

などが挙げられています。

「じゃあ、どんな仕事に就いたらいいんですか?」
…という声も聞こえそうですね。

でも、どんな仕事に就くかは、その人の個性や特性、そして【好き・嫌い】をしっかり考えてカウンセリングしないといけないので、まずはそのあたりを考えていただくことからスタートとなります。
もちろん適正に関する心理テストはもちろんのこと、自分というものを知る為のテストはいろいろと有りますからご心配なく!



まずは進路の相談から始まり、性格診断、適正診断、カウンセリングを行い、就職においての目標を設定します。
そしてエントリーシートの自己表現のコーチ、面接においてのプロモーション等のコンサルティングを相談者に合った方法で行い、就職試験対策に万全を期します。
これにより、見違えるような自己プロモーションをできるように変わっていく方が沢山おられます。
もちろん、いろいろな悩みやご相談も心理カウンセラーが丁寧にお聴きし、アドバイスをいたしますので、安心して何でもご相談ください。


就活だけではなく、人間関係全般においても重要な事が次々と身に付いていきますから、あなたの人生にとって必ずプラスになるはずです。

電話やライン、スカイプでもOKです。
ご都合のよい日時をお知らせいただき、個別にコンサルティングを行います。

料金は1時間のコンサルティングが6回で3万円。
(1回の場合は50分5千円)
お申込は0586-73-3911、または belcosmo@jade.dti.ne.jp迄。


メディアでのコンサルテーション


ZIP-FMに心理カウンセラーとしてゲスト出演
音声内容はこちら↓をクリックして
ください。
2011年10月 mp3 2011年12月 mp3
2013年 6月 mp3 2013年 8月 mp3


ページトップに戻る